1. ホーム
  2. DESIGN YOUR DREAM LIFE

家事ラクでのゆとり

家事動線

収納計画

掃除、洗濯、お料理…。日々の暮らしで家事に費やす時間は膨大なものです。
そこをいかにラクに出来るかを、ご家族の暮らしに合わせてとことん、考えます。

例えば…。
プランの核(コア)にリビングを配置し、キッチンや水まわり、
2階へと繋ぐ主動線を確保。

さらに、「リビング~キッチン~洗面~バスルーム」を短い距離で結んだ
"ぐるり回遊動線"や、 「洗濯物を干す~アイロンをかける~服を仕舞う」、
「買い物から帰る ~パントリーに仕舞う~キッチンで使う」、などの
"家事別ラク動線"。

また動線と併せて考えたいのが収納計画。
みんなが集まり物が散らかりやすいリビングには、
見せる収納と隠す収納に分けられるリビング収納を。

お子さまが自分からオモチャを片付ける
自立心を養うこともできます。

靴や傘が散らからず、 玄関をいつでもキレイにしておく「シューズクローク」、家族みんなのアウターや、よく使うファッション小物を仕舞う「ファミリークローク」など、

"誰が何をする場所で いつどう使うか"を
思い描きながら、 楽しく計画していきましょう。

こんなふうに効率化させ
家事ストレスを軽減できたとき生まれるものが、
"時間と心のゆとり"です。

さあ、その生まれたゆとり時間で何をしましょう。

お子さまの小さなつぶやきに耳を傾け、
絵本を一緒に読みましょうか。
手づくりパンに挑戦するのもいいですね。

自分にとって何をしている時が
一番癒されるのか、笑っていられるのか。

家づくりと並行して、探してみませんか?

を育てる

優しさの記憶

形にできる愛情

自分が育った家って、大人になっても忘れられないものです。
家族と一緒に過ごす時間こそが、愛情豊かな心や生きる力を育んでいきます。

例えば、みんなが集まるリビングの賑やかな笑い声や
生活の音に包まれる場所に、スタディスペースを設ける。
お絵描きも宿題も、家族の輪の中でできる安心感があります。

お子さまとそのお友達も、玄関を入ってすぐ
手が洗えるようにと洗面台(手洗い)をつくる。
小さな台が要らなくなった頃には、今よりもっとお友達増えてるかな?

また天井の空間を利用して、「ロフト」という子ども達だけの秘密基地をつくってあげる。
遊び疲れて眠ってしまったら、そっとブランケットを掛けてあげましょうか。

本棚のそばにちょこんと座れるスペースをつくれば、自然と本を読む時間が増えることでしょう。

子育ての中で、"住まい"が持つ役割って何でしょう?
その子の笑顔が生まれる瞬間ってどの場面でしょう?
家づくりは言葉だけではない愛情の表現方法。
その答えを、可愛い横顔を見ながら一緒に考えましょう。

ータルザイン

敷地を読み取る

“好き”をとことん

いい家って、一歩入った瞬間に「あっ! 気持ちいい」と感じるもの。
その秘訣は「敷地の活かし方」にありました。

プランを考える前に、プロの目で、敷地条件や周辺環境を読み取り、
光と風、人と車のアプローチ、見たい所と閉じたい所、樹を植える所…

それらを私たちは「Site plan サイトプラン」と呼びます。
「敷地の活かし方」を徹底的に検討し実施することで、
最高に住み心地のいいお住まいがご提案できるのです。

オーダメイドで建てる家の価値は
「お客様の違い=個性」を引き出し、
「どう暮らしたいか」というコンセプトを
共有することから始まります。

具体的な家のイメージを持たれている方は、少数です。
しかし、ご趣味や物のセレクトには、
日頃から価値観や感性を発揮されていらっしゃると思います。
家以外の価値観や趣味嗜好から家づくりを発想していくことが、
オーダメイドの家づくりの出発点です。

家づくりを通して、
自分の"好き"をとことん考えてみましょう。
これまで見えなかったことの中から、
大切な何かが見つかるかもしれません。